トップサイトマップ
  首里城





首里城を見学するためには、琉球王国の歴史を
知らないと単なる建造物見学になってしまう。

どうせなら感動や感慨を得たい

出来れば予備知識をつけてから
訪問する事をおすすめします。

(財)海洋博覧会記念公園管理財団
のHPから琉球王国とはのページへ
    ↓
首里城|沖縄の歴史|琉球王国の栄華と衰退の歴史




・開門時間は
・4月〜6月、10月〜11月は8:30〜20:00
・7月〜9月は8:30〜21:00
・12月〜3月は8:30〜 19:00

・入館券の販売締切は、閉館30分前。
・休館日  年中無休
(但し、維持管理上、7月の第1水・木曜日は休館日)
・入館料金
大人 800円
中人 (高校生) 600円
小人 (小・中学生) 300円
6歳未満 無料
・入館料金が必要なのは、有料区域(正殿、南殿・番所、北殿、奉神門及びこれらに囲まれた御庭の区域)のみです。





琉球王国という名は聞いた事がある。
ただ琉球王国が日本の沖縄(明治時代)になったのが
最近だっていうのには違和感がある。ビックリした

確かに沖縄には異国文化を感じるものが多いし、
方言も極端だ。

個人的に琉球王国と近隣諸国(日本含む)との
関係に強く興味を持った。

今後、いろいろな知識をつけた上で見解を書いて
みたいと思った。

この日見学をした時点では首里城がなんなのか分かっていない。
それでもとりあえず中に入った。

施設内は土足厳禁で、靴を袋に入れて持ち歩く
ウチワの貸し出しなどが配慮されてて有り難い。

沖縄という場所柄は外国人が多く、
たまたまかも知れないが僕らが観覧している時は
外人の方が圧倒的に多かった。

西洋人や中国人。
そういった外国の観光客が興味深く観覧しているのを
みて、同じ日本の建造物を全く理解していない事が少し
恥ずかしくもあったし、何より観覧してて何一つつまらなかった。

だから、施設内で催されていたシアターを見て多少理解した。
そこからはさっきよりも随分興味深い観光になりました。

思い入れさえ強ければ石ころ一つにさえ感動する



御差床【うさすか(2階)】
2階にも1階と同じ場所に御差床があるのは極めてめずらしいようです。
特に2階の御差床は絢爛豪華(けんらんごうか)な意匠です。
御差床(うさすか)とは国王が座る玉座のこと。
御差床後の障子戸を開くと、
奥に国王専用の階段があるみたいです。


それから首里城の近くに『首里そば』という
超有名な沖縄そば屋がありますが、

ここがスープ無くなり次第閉店とのことで
俺らがいった頃には閉店していました。
(早すぎるよ…)

という事で首里城にはまた訪れたいと思います。
(そば目当てか(^_^;))











函館 / 小樽 / 札幌 / 奥の細道 / 富士サファリパーク / 猪苗代(野口英世) / 飯盛山(白虎隊) / 城南島海浜公園 / 富士山 / 河口湖 / 長崎ぶらぶら節 / 斑尾高原 / 千鳥ヶ淵 / 新宿御苑 / 猿島 / 江ノ島 / 横浜 / 愛知万博 / 名古屋 / USJ / 道頓堀 / 大阪城 / 長崎市 /  坂本竜馬 / 第三台場 / 熱海 / 東京都庁 / 東京競馬場 / 浅草 / 井の頭公園 / WINS佐世保 / 相模湖 / 博多中洲天神 / 福岡タワー / 福岡競艇場(ポートタワー) / 志賀島(博多湾) / 佐賀市街 / 高尾山登山 / 茂木町 / 中島川 / 唐八景 / 諏訪神社 / 長崎港クルージング / 沖縄観光 / 残波岬 / 真栄田岬 / 万座毛 / 首里城 / 沖縄海水浴 / ひめゆりの塔(平和祈念公園) / 美ら海水族館 / ブセナ海中展望塔 / 皇居 / 苗場 / 菅平高原 / 宇都宮 / 日光東照宮 / 日光江戸村 / 東武ワールドスクエア / お気に入り写真集1 / お気に入り写真集2 / お気に入り写真集3 / お気に入り写真集4 / お気に入り写真集5 / お気に入り写真集6 / お気に入り写真集7 / お気に入り写真集8 / お気に入り写真集9 / お気に入り写真集10 / お気に入り写真集11 /
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved