トップサイトマップ
  薬物


一口に薬物といっても、
麻薬や覚せい剤から風邪薬などまで様々です。 

ニコチンやアルコールもそうですが、
依存症には非常に苦しい離脱症状がつきまといます。
その中でも薬物の離脱症状は、
凄まじいものがあります。

精神的な原因であっても、
肉体的な異常をハッキリと感じる事もあります。

それを抑えるためにまた薬を飲み、
これまでと同じ量では効き目が薄く感じたり、
効き目を感じられなくなり、以前のような効果を得るために、
もっと多くの薬を飲むようになります。

ここでは比較的軽症と思われる病状で、
薬物は精神安定剤とします。
まぁ要するに私自身の経験です(^_^;)

精神安定剤などは、
その名の通り精神を安定させる為に服用するわけですが、
実際にヤバイと思ってから飲んでも、
薬の効果を感じられるまでには時間がかかります。

その間に襲ってくる恐怖にすら勝てないのに、
いきなり服用する事をやめるというのは到底無理な話です。

薬の種類にもよりますが、
依存症という段階にいったん足を踏み入れてしまったら、
時間をかけて違う方向からも解決策を
考えていかなければなりません。

しかし薬がないと恐ろしくて生活が出来ない。
そういった薬は一定期間を超えるとそのつど、
医師の診断を受けないと薬を貰う事が出来ないので、
診察を受けに行くんですが大学病院などの心療内科は
イヤになるほど混雑しています。

最近は予約とか出来るようになったけど数年前なら、
ほんの数分の診察を受ける為に半日かかっていました。
本当です。

そんなにかかるという事は会社を休む必要があり、
会社からの評判を落とし、それを医師に言っても
『会社と身体のどっちが大切なんですか?』という。

それは会社をほったらかしにして診察受けれるほど、
生活面で恵まれた環境にいる人にしか通用しないセリフです。

だいぶ愚痴っぽくなってきたんで話を戻しますが、

精神が安定していないのは、
薬の中に入っている成分が身体に
不足しているからではありません。


ですから薬で病気が治る訳ではありません。

当たり前の事ですが、不思議と医者は病気の治療よりも、
どの薬がこの患者に合うかに重点を置いているような気がします。

もちろん全ての病院がそうだという訳ではないでしょうが、
薬で誤魔化す日々を終わらせたいのであれば、
専属で考えてくれるカウンセリングを受けるべきなんでしょうね。

環境をかえるのも効果的だと思います。
あとは同じ悩みを抱えた人を一人でも多く探し、仲良くなる事です。
その仲間と分かち合う事は、
薬を何錠飲んでも敵わないくらいの
効果があるでしょう。

体臭
ワキガ
口臭
足のニオイ
多汗症
体臭とは
依存
禁煙
休肝日
ギャンブル
薬物
セックス
体質
花粉症
いびき
不眠症
毛深い
薄毛
肉体
筋トレ
ダイエット
スタミナ
バストアップ
下半身痩せ
美容
ニキビ
二重まぶた
肌荒れ
しわ
しみ
恋愛
デート
片思い
浮気
失恋
嫉妬
  
夫婦
離婚
別居
倦怠期
セックスレス
不倫
  
家庭
介護
子育て
兄弟
会話
暴力
  
仕事
転職
人間関係
資格
無気力
失敗
    
生活
保険
食生活
引越し  
一人暮らし
防犯対策グッズ
教育
しつけ
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved