トップサイトマップ
  イビキ


いびきとは、睡眠中に上気道が狭くなり、
空気が通るときノドが振動して音が鳴る現象で、
いびきは咽頭でかきます。

この部分はもともと狭いうえに、
周囲に骨による支えがないためつぶれやすく、
息を吸ったときに吸い寄せられてさらに狭くなります。

その、息を吸ったときにノドの狭い部分は
吸い寄せられて、いっそう狭くなるので、
吸ったときにいびきが鳴るのが普通です。

しかし吐くときにもかく、
いわゆる往復いびきもあります。

習慣性のいびき(毎晩いびきをかくか、
いびきがひどいといわれている人)は
日本人では男性で20%、女性で5%らしいのですが、
このうちの1〜2割の人が
睡眠時無呼吸症候群であると
考えられています。

いびきをかきやすい人とは、
肥満(ノドの周囲に脂肪が沈着)、
アゴが小さいか、ひっ込んでいる、
扁桃腺やアデノイドが大きい方。
あとは鼻づまりがある場合にも、
いびきはかきやすいようです。

いびきはノドが振動している状態ですが、
ノドがさらに狭くなると息を吸うときに
気道の壁が吸い寄せられて閉じてしまい、
息が吸えない状態になることがあります。
これが無呼吸(閉塞型無呼吸)です。

それが頻繁に起こり、
様々な症状が引き起こされるのが
睡眠時無呼吸症候群です。

息はかろうじて吸えているが、
不十分である低呼吸も無呼吸と
同様の症状を起こすといわれています。

無呼吸を伴ういびきは、
いびきが30秒〜2分以上止まり、
その後あえぐような激しい息、
またはいびきで呼吸が再開するのが特徴です。

健康ないびきは規則的で、
このような変動がありません。

低呼吸のときのいびきは、
無呼吸のように止まりませんがやはり
1〜2分の周期でいびきが強くなったり、
弱くなったり、いびきの性状が変動するのが特徴です。

ただ、無呼吸により窒息して死んでしまうのでは、
という心配は普通ありません。
それは無呼吸が続くと脳が短時間目覚め、
上気道を拡げる筋肉に指令を送り
息を吸えるようになるからです。

しかし無呼吸から身を守る覚醒反応が
一晩に数百回もおこるので、
睡眠はとぎれとぎれの質の悪いものとなります。

そのため朝起きたとき頭が重く、
昼間も眠気が強く集中力がなくなり、
このような状態では交通事故の
危険性も数倍高くなるといわれています。

単なる寝不足と異なる点では、
寝つきは非常に良いが、
長い時間眠っても熟眠感がないことなどです。

その他の症状として、
夜間の尿量・回数が多くなること、
夜間発汗が多いこと、寝相が悪いこと、
性欲が低下することなどもあるようです。

合併症として、無呼吸のため酸欠状態になり
心臓や血管系に負担がかかり高血圧や
心筋梗塞、脳卒中などになりやくなるみたいですので、
自分のいびきがどんな感じであるか、
定期的に他人に観察してもらって、
現在の状態を把握しておくといいと思います。


体臭
ワキガ
口臭
足のニオイ
多汗症
体臭とは
依存
禁煙
休肝日
ギャンブル
薬物
セックス
体質
花粉症
いびき
不眠症
毛深い
薄毛
肉体
筋トレ
ダイエット
スタミナ
バストアップ
下半身痩せ
美容
ニキビ
二重まぶた
肌荒れ
しわ
しみ
恋愛
デート
片思い
浮気
失恋
嫉妬
  
夫婦
離婚
別居
倦怠期
セックスレス
不倫
  
家庭
介護
子育て
兄弟
会話
暴力
  
仕事
転職
人間関係
資格
無気力
失敗
    
生活
保険
食生活
引越し  
一人暮らし
防犯対策グッズ
教育
しつけ
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved