トップサイトマップ
  暴力・DV(ドメステックバイオレンス)


DV(ドメステック・バイオレンス)
で悩みを抱えている方が増えています。

DVとは夫や彼氏などの親密な関係を持つ
男性からの、精神的、肉体的な虐待です。

こういった家庭内で起こる暴力は、
エスカレートする傾向があるので
一度でも暴力をふるわれたら、
その時にしっかりとした対処をすべきです。

殴ってしまった方もそうです。
犯罪行為をしてしまったのだから、
深く深く反省しなければいけません。

子供が親に手を出した時も一緒です。

一回くらいと思っていると
大変な事になりかねません。

私は子供の頃から家庭内暴力を
よく目にしてきていました。

夫が妻に、親が子供に、子供が親に…
みんな暴力がいけないことだと分かっています。
それでも何かのきっかけで暴力をふるってしまった。

怖いのはその後です。


今まで口喧嘩だったのが、
ついに手を出してしまった。

初めての経験でビックリし、
そのケンカはとりあえず収まりますが、
殴られた方には不信感が、
そして殴った方には罪悪感とともに、
その時の興奮とある種の開き直りや
征服感を感じる場合があります。

その時に対処しなければ、
次のケンカの時にも暴力によって
解決する事を選んでしまう。

もっと痛い目に遭わせれば
文句を言わなくなる

俺に逆らったらどうなるか
分からせてやる

その行為がエスカレートしていく
様子を見てきました。

本人に言わせると
一度手を出してしまった事で、
抑えがきかなくなってしまうようです。

相手が距離を置くようになり、
その姿から不信感や恐怖心が伝る。

罪悪感はあるが、それが逆に自分を苛立たせ
自分がこうなったのは
全てコイツのせいだと思うようになってしまう。

完全に悪循環です。

そこまでいくと関係の修復は大変難しくなり、
また再発の可能性も非常に高い事から、
お互いの関係を終わらせてしまう結果に
なることが多いです。

我慢を続けて耐え忍ぶ姿が、
逆に相手を無性に苛立たせてしまっている
可能性もあります。

もちろん一度でも暴力はいけませんが、
もし二度目の暴力が行われたら無理をせず、
専門の機関などに相談すべきです。

夫婦なら、大きな被害になる前に
離婚することも有効な選択肢ですし、
早めの対応によって、
相手だって事件になる前に深く反省し、
救われる事もあります。


体臭
ワキガ
口臭
足のニオイ
多汗症
体臭とは
依存
禁煙
休肝日
ギャンブル
薬物
セックス
体質
花粉症
いびき
不眠症
毛深い
薄毛
肉体
筋トレ
ダイエット
スタミナ
バストアップ
下半身痩せ
美容
ニキビ
二重まぶた
肌荒れ
しわ
しみ
恋愛
デート
片思い
浮気
失恋
嫉妬
  
夫婦
離婚
別居
倦怠期
セックスレス
不倫
  
家庭
介護
子育て
兄弟
会話
暴力
  
仕事
転職
人間関係
資格
無気力
失敗
    
生活
保険
食生活
引越し  
一人暮らし
防犯対策グッズ
教育
しつけ
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved