トップサイトマップ
  立川よいと祭り





立川よいと祭りとは、
“光と音のシンフォニー”をテーマに、
立川市内、市外から参加の万灯みこしや大太鼓が巡行し
民踊流し、和太鼓とお囃子の共演が行われます。



日も暮れかけたころようやく太鼓の音が聞こえ始めた。

そして子供達が踊り始めました。

小さい身体にリアルな仮面を被り、コミカルなダンスの
その姿は見慣れるまでは少々奇妙で、沿道で見ていた
子供は正直怖がっていました。

でもお囃子の笛と太鼓は風情があるね
お囃子に毎年接している人はこの音楽を
聞いただけで心がワクワクしたりするのかな?

ちょっと羨ましいです。


なんかやってきました
これはトラックの荷台で、右の画像のように
トラックが少しずつバックしながら進みます。

それを子供達が囃し立て、和太鼓が鳴り響きます。



同じ様に見えてもそれぞれの団体でちゃんと
個性があり見ていて飽きません。

このあとは神輿がやってきて、サスガに神輿は男の祭りという
感じが強く、フンドシにハチマキ姿のイカツイ男どもが
『エイサ!エイサ!エイサ!エイサ!』
と勇ましく歩く姿は迫力がありました!



屋台が少なかったのが残念でしたが、
チョコバナナはなんと、注文を受けてから
その場でバナナの皮を剥いて、それを割り箸に差して
鍋の中で溶けたチョコをかけて渡してくれる。

これはビックリしたな
立川って結構な都会だし場所も駅からすぐの
場所でやっているのに、なんだか凄く田舎の
町で開催された祭りって感じがして凄く親近感があった。

もう一つこの祭りをみて強く感じたのは、
その町で生まれ、その町で育ち、
親、親戚、兄弟がいて御近所さんがいて仲間がいて
先輩がいて後輩が出来て、結婚して子供が出来て…

という、その土地土地に根をはり過ごしていく中で、
そういうみんなと一緒に夏は祭りで踊ったり
神輿を担いだりして人生を謳歌している様を
みてこれが民族の姿なんだ!と普段は忘れてしまっている
当たり前の事に気がついた。

そんな深い絆には入りたいからといって入れるものでもない。
会社も終身雇用制の頃はそんな感じだったのだろうか?

今の時代は簡単に故郷を離れるし、簡単に転職する。
いいか悪いかはまだ分からないが、少なくとも、
ニートだの精神障害だの人生の方向を見失う若者は
極端に減ると思う。

地に根をはった人たちが同じハッピをきて声を掛け合って
神輿を担ぐ姿はイキイキしてたし、誇らしげで楽しそうな
笑顔を凄く羨ましく思った。



夜鳴きそば/

築地のマグロ/

部活後のカップ麺/

とんこつラーメン/

披露宴/

料理提供の工夫/

日本vsドイツ/

お台場/

クリスマスディナー/

年越し蕎麦(除夜の鐘)/

羽田七福稲荷/

川崎大師/

最強栄養カプセル/

出張パーティ/

神宮花火2004/

三浦海岸海水浴場/

お台場冒険王/

GO!汐留ジャンボリー/

汐留ビアガーデン/

神宮花火2005/

区民プール/

ディープインパクト/

大井競馬場/

電車男/

レインボーブリッジ/

東京ミレナリオ/

東京タワー/

靖国神社/

夕暮れ/

豚骨ラーメンの名店/

高尾ビアマウント/

片瀬海岸海水浴場/

みたままつり
/


飛行機からの景色/

立川よいと祭り/

レインボープール/

神宮花火2006/

日比谷大盆踊り大会/

三鷹阿波踊り/

浅草サンバカーニバル/


高円寺阿波踊り/

お台場冒険王2006/

汐留ジャンボリー(熱ッ!)/


武蔵野吉祥七福神/

国営昭和記念公園/

三鷹国際交流フェスティバル/

東京五社めぐり/

熱海花火/
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved