トップサイトマップ
  ディープインパクト


僕は馬券は滅多に買いませんが、
競馬は毎週欠かさずチェックしています。
武豊のファンなんで武豊の勝敗が気になるからです。
年間最多勝の更新
年間最多重賞勝利などが気になり、
もう何年もチェックしてるんですが、
その武豊以上に気になる存在が今年ついに登場しました。

ディープインパクトという名馬です。
この秋、シンボリルドルフ以来21年ぶりの無敗の三冠
(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)制覇の
偉業に挑戦するディープインパクト

世間やネットの掲示板などでも、
よく史上最強馬の議論が行われて、
ナリタブライアンやシンザン、サイレンススズカ、
オグリキャップ、ハルウララ(?)など、
人それぞれの価値観で史上最強馬が違いますが、
僕にとっての史上最強馬はやはりシンボリルドルフ!

リアルタイムでルドルフの競馬をみた事はありませんが、
ニュースなどでその名は聞いていて、
子供の頃からシンボリルドルフ=最強馬
という認識をしていました。

競馬に興味を持ち、ルドルフなどの
過去の名馬のビデオを集め、そして実際に現役で活躍する
メジロマックイーンやトウカイテイオー、
ミホノブルボン、テイエムオペラオー、
グラスワンダー、エルコンドルパサー、
スペシャルウィーク、サイレンススズカ、
エアグルーヴ、ナリタブライアン、ビワハヤヒデ…

数え上げたらきりが無いほどの名馬を見てきましたが、
それでもやっぱりシンボリルドルフが一番で、
次をあげるとしたらサイレンススズカと思っています。

そしてついに今年登場したディープインパクトが
僕の中での(恐らく多くの人の中でも)
史上最強馬になりつつあります。

皐月賞で落馬寸前のつまずきによる出遅れ。
3〜4コーナーですでにムチが入る
(この光景、通常は直線でズルズルというパターン)。
それでも先頭にたったディープインパクトは
そこからさらに加速する。

そして圧勝!
何度みてもシビレマス

ダービーは完全な横綱相撲
一頭だけ次元が違いました。

そして休み明け、三冠への挑戦が近づき、
取りこぼしが許されない菊花賞トライアル神戸新聞杯。
いろんな心配をよそにディープインパクトは圧勝しました。
これでいよいよ無敗の三冠馬へのチャレンジです。

無事に菊花賞を迎えるための気苦労は計り知れない事と思います。

関係者の方には申し訳ありませんが、
僕は勝手な妄想を膨らましています。
無敗の三冠馬になって、続くジャパンカップ
で世界の強豪をねじ伏せ、暮れの有馬記念を
勝って無敗のグランプリホースになる。

翌年は天皇賞(春)、宝塚記念を制し、
世界最高峰のレース凱旋門賞をも制し、
帰国して天皇賞(秋)、再びジャパンカップ、有馬記念を連覇!

こんなダビスタのような快挙を現実に
見てみたいと思ってしまいます。

そして20年後くらいまでは、史上最強馬は?
という問いかけに誰もがディープインパクト
と答えるようなそんなトコまで想像してしまっています。

まずは菊花賞!
21年ぶりの快挙を、笑ってしまうぐらいの
圧勝で達成して欲しいと心から願っています。

ディープインパクト ネックストラップ (東京優駿)

17/11/12追記

ディープインパクトは見事に菊花賞を制し
無敗の三冠馬となりました。

次の目標は有馬記念みたいですね。
是非、無敗の四冠馬になって欲しいと願っています。

僕はディープインパクトの大ファンです。

ただ本当に個人的で身勝手な意見なんですけど、
ジャパンカップの回避が非常に残念でならないんです。

僕の中での史上最強馬は、またシンボリルドルフに
逆戻りになってしまいました。

これ程の馬に無理をさせたくないというのは当然ですので
、陣営批判ではありません。

これだけの馬だから無理はさせない。
理解出来ます。正しいと思います。

しかし逆にシンボリルドルフ陣営の決断を、
凄いなと再認識しました。

当時の菊花賞からジャパンカップへは中一週。

しかも当時、日本馬と外国馬の力の差は歴然で、
これまで日本馬は歯が立たなかった。

史上初の無敗の三冠馬を、当時日本馬が一度も
勝っていないジャパンカップに出走させる勇気は、
勝負の世界で生きる人間の心意気が感じられて
改めて尊敬しました。
これだけの馬だからこそ挑戦する!


今ではそのキツいローテーションが見直されて、
菊花賞からジャパンカップは天皇賞組より
余裕があるものになりました。

競争をするから競走馬
戦わなかったものより戦ったものが強いと思います。
ルドルフはジャパンカップを3着に敗れ、
その後の有馬記念を勝ち、四冠馬となりました。

その偉大な競走馬を超えるような名馬の誕生を、また待ちたいと思います。


18/7/16追記

ディープインパクトはJCを回避して臨んだ有馬記念で
ハーツクライに敗れ、同期の成績も不振だったことから
『最強説』に疑問符が打たれるようにもなってしまいました。

しかし年が明けて古馬となったディープインパクトは
阪神大賞典、天皇賞春、を圧巻のパフォーマンスで勝ち、
また再び史上最強馬、世界最強馬の道を進み始めました。

海外遠征も凱旋門賞に決まり
(一戦ではなく、複数のレースに参戦して欲しかった!)
宝塚記念も楽勝してしまった。

ハーツクライのキングジョージも非常に楽しみで、
キングジョージの成績次第では凱旋門賞への
参戦もありうるハーツクライ。

もし実現するとハーツクライvsディープインパクト
の舞台に世界の超一流馬も合わさり、まさしく
『世界最強馬決定戦』となる。

これはW杯なみに興味があり、ぜひ実現して欲しいと
心から思います。


18/10/22追記

今日、ディープインパクトが天皇賞を回避した。

あんなにディープファンだった僕もここまでくると、
さすがに嫌になってしまう。

ケガをしたわけでもない
なぜこんな直前で回避?

無理をさせたくない…
一年でまだ4走しかしていないのに?

ならば普通の馬は殆どが無理をしているって事か?

ファンに権限はないと言われればそれまでだが、
そんなに過保護な調整で、よっぽど納得のいく時にしか
レースに出さないのならば、その時が来てレースに勝っても
強いなんて賞賛はとても出来ないと思う。

秋天、JC、有馬の三連戦はそんなに過酷なのだろうか?
敗戦することは汚点なんだろうか?

前にも書いたけど、戦わなかった者より
戦った者の方が強いと思う。

今のディープは僕にとって、現役最強馬ですら
なくなってしまった…

29日の天皇賞は間違いなく、
現時点の日本最強古馬決定戦だ!
この日戦って勝った馬こそを『最強馬』だと称えてやりたい

夜鳴きそば/

築地のマグロ/

部活後のカップ麺/

とんこつラーメン/

披露宴/

料理提供の工夫/

日本vsドイツ/

お台場/

クリスマスディナー/

年越し蕎麦(除夜の鐘)/

羽田七福稲荷/

川崎大師/

最強栄養カプセル/

出張パーティ/

神宮花火2004/

三浦海岸海水浴場/

お台場冒険王/

GO!汐留ジャンボリー/

汐留ビアガーデン/

神宮花火2005/

区民プール/

ディープインパクト/

大井競馬場/

電車男/

レインボーブリッジ/

東京ミレナリオ/

東京タワー/

靖国神社/

夕暮れ/

豚骨ラーメンの名店/


高尾ビアマウント/

片瀬海岸海水浴場/

みたままつり
/

飛行機からの景色/

立川よいと祭り/

レインボープール/


神宮花火2006/

日比谷大盆踊り大会/

三鷹阿波踊り/

浅草サンバカーニバル/


高円寺阿波踊り/

お台場冒険王2006/

汐留ジャンボリー(熱ッ!)/


武蔵野吉祥七福神/

国営昭和記念公園/

三鷹国際交流フェスティバル/

東京五社めぐり/

熱海花火/
Copyright(C)2007keitonokutusita All Rights Reserved